口やアゴの疾患を扱う

診察台へ案内する

口腔外科の診療内容とは

口腔外科は歯をはじめとする口の中やあご、顔面とその隣接する組織に生じる先天性と後天性の疾患を扱う診療科です。一般外科の一分野であると同時に歯科の分野の一つでもあります。 口腔と書かれてあるように口腔外科では人が第一印象が決まると言われ体全体にとっても大切な歯の疾患はもちろんのこと、交通事故やスポーツでのケガなどの外科的疾患や口臭などの内科的疾患も含まれています。例えば歯周病の治療や抜歯、インプラントの装着があります。また顎の骨などに発生する腫瘍の血管腫の良性腫瘍や、肉腫や悪性リンパ腫などの悪性腫瘍の専門的な治療も行っています。 さまざまな症状や疾患を治療する口腔外科には毎日多くの患者が通院しています。

治療するにはどうすれば良いか

口の中や顎の異常が生じると食事や発音、さらには会話がうまくできないなどの機能的な障害が出てきます。また歯並びや咬み合せが良くない状態だと肩こりや頭痛などの症状以外に見た目にも影響が出てきます。 これらを治療する口腔外科へ行くにはいくつかの方法があります。 まずは一般の病院と同じように外来へ受診を受けに行く方法です。 また口腔外科は大学病院や市民病院、総合病院など大きな病院に多くあるので他の歯科医から紹介してもらう方法があります。不正咬合による歯列矯正で抜歯の必要がある際は矯正歯科ではできないので口腔外科へ紹介されて抜歯の治療を受けることがあります。 疾患と向き合い治療していくことで審美的にも内面的にも美しく健康へとつながって行きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加